インドネシアの価格♪

バリに行くならやっぱりバリ編ですね。ご当地の流行モノなどの情報などもちょこっと入っていたりするので!簡単なガイドブックとしても役に立ちます。つい声に出して練習したくなるような内容です。

こちらになります♪

2017年06月22日 ランキング上位商品↑

インドネシアバリ インドネシア語・バリ語 (ここ以外のどこかへ! 旅の指さし会話帳) [ 山本哲也 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

絶対役に立つはず!以前にこれの”インドネシア”バージョンを愛用していました!!インドネシアの友達にローマ字で日本語の発音を手書きしてプレゼントしてきたのですが、このバージョンははじめから書いてあって、とっても使いやすそうです。インドネシア語+バリ語が分けて書かれていて、単語帳もついてるのでとても助かります!現地の方にも伝わりやすいようにわかり易くイラストも描かれているので、この本を持っていけば必要最低限の会話ができそうです☆バリ人の知人もいい本見つけたねと言っていました(*^^*)イラストが多くユーザーの事をとことん考えてある本ですのでとても使えると思います。使いやすいと喜んでいました。なんだか読んでいるだけで会話ができそうな気がしてきます(笑)旅に出たら!多少でも現地の言葉を話して!地元の人とのコミュニケーションをはかりたいものです。サイズ単行本とあったが!もっと大きいようです。以前にインドネシア版を購入したのですが!アルファベット日本語表記がありませんでした。バリ語を勉強したくていろんな書店を巡っては語学本を探していたのですが!インドネシア語の本自体が探してもなかなか見つからず…若干諦めていました。。。イラストが多く、手書き文字なので勉強が苦手な人でも読めます。日本語を勉強しているバリの方にあげようと思います。前に現地でこんなカンジの本を持っている方がいらして、便利そうと思っていたようです。読みづらさは否めない。指差しといっても!あれこれ単語をつなげるのは馴れも必要ですがまず!どこになにが載ってるかを自分なりにマスターし使いたいと思います。近々!バリに行く家族に頼まれて購入しました。それを可能にしてくれる大変役立つ本です。私としては合格ってなノリですが。そんな時☆楽天で検索したらたまたまこの本の存在を知り!値段も手頃で評価が良かったので購入してみました。一通り必要な言葉は書いてあるのでなにかにメモ書きしてうつそっかな?とそんな感じですね。。インドネシア編の方が幅広いかもしれませんが…バリ旅行にもって行きました.クタではかなり日本語が通じますが,サヌールやチャンディダサでは,日本語がほとんど通じません.これらの地区は欧米人が多いので英語はある程度通じますが,露天商などとやり取りする場合にはインドネシア語が通じるとスムーズにやり取りできます.マレー語がいくらかしゃべれるのですが,インドネシア語では微妙に言い回しが違ったりするので,この一冊はあったほうが便利だと思いました.この本は日本語、インドネシア語、アルファベット表記の日本語の読み方が書いてあり、外国人が日本語を勉強するのに大変役立ちます。何よりも現地の人たちとこれを介してコミュニケーションが取れるのがいいですよね。バリ島へ行くので購入しました。絵で楽しませるタイプ。私はバリに行くのですが!インドネシア版を持っていなかったので!バリ編を買いました。この本は外国人の方にいいと思います。今度インドネシアに行く時は、これをプレゼントにしたいと思います。絵で描かれていたり、関連した単語が並んでいるので、とてもわかりやすいです。これのDSのソフトがあるそうで(バリは未実装)夏ごろにソフトでたらDSと一緒に買うのもありかもかも(*´エ`*)持ってれば安心かな程度で購入。挿絵も女性向けです。少し!子供っぽい絵ですが!女の私にはまぁ問題ないです。言葉のわからない外国に行くときには!このシリーズは外せませんね。現地に行くのはこれからですが!見ているだけであれやこれやと想像して楽しくなってきます。